院長挨拶




 宇都宮病院 院長 鈴木三夫

当院は設立以来、精神病院として、自宅・施設では対応できない患者さんを積極的に受け入れてきましたが、2013年5月から内科病棟も再開しました。

病院基本方針「患者様と家族様のニーズに焦点を当て」においては、現在は530床で、1/3の患者さんが脳梗塞後遺症、1/3の患者さんが認知症の疾患を持たれています。それに対応すべく精神科以外の常勤医師も多く、内科・外科・整形外科・皮膚科・歯科・消化器科・呼吸器科・循環器科、非常勤では、神経内科・眼科・耳鼻科・泌尿器科の医師がいます。

報徳会宇都宮病院附属の看護専門学校と50年の伝統がある准看護学校があり、その教育も病院が行っております。

基本方針にある「医療・保健・福祉を1本化」に沿って、退院から自宅の間の中間施設として、数多くの施設・老健・グループホームや支援センターを併設しています。獨協医科大学・NHO栃木・済生会の各病院から患者さんを受け入れています。福祉のソーシャルワーカーが充実していますので、遠慮なくご相談ください。

基本方針「環境に配慮した医療活動」として、院内感染防止に特に力を入れています。

精神科の診断にはCTのみならず、MRI(1.5テスラー)を装備し、我々の開発した世界新の脳波計量解析を用いて事象関連電位N1,N2,P300の新しい診断意義を国内外の学会に発表し、病因解明・治療に邁進しています。それに対応して、精神科外来も充実させています。

職員同士は家庭的な雰囲気で、そのためか在職期間が永いのが特徴です。

2013年に電子カルテの導入をしました。当院では栃木県の精神病院では数少ない病院機能評価認定病院ですが、最近更新(3回目)がなされました。

令和3年7月






看護部長挨拶

 




宇都宮病院看護部長

手塚 米子





2014年9月に看護部長に就任し、7年が過ぎました
就任時に導入した電子カルテは更新の時期を迎え
カルテの見直しや必要台数等電子カルテ委員会が中心になり
準備を進めています。また病院機能評価もセカンドからサードレベルへとステップアップし
2年が経過し、中間報告の時期になりました。
7年間の看護活動として、看護部としての組織の強化と教育に力を入れ、看護研究の学会発表も実現できました。
現在は他部署と協働し、病院全体の人事考課にクリニカルラダーの活用
SDGsの17目標の取り組み等新たな課題に取り組んでいます。
一昨年より、世界中が新型コロナウイルス感染症対策に追われ、ワクチンの早期開発が望まれました。
当院でも今までに経験した事のない感染症に、感染症認定看護師の指導のもと
感染予防対策と職員の行動自粛など、病院一丸となって感染症対策に取り組み、幸いクラスターは今のところ発生していません。
会議や面会はリモートで、全職員への伝達やアンケートはラインワークスやメール活用等情報交換の方法も変わりました。
時代に取り残されない様に看護部長としての責務を果たしていきたいと思います。

令和3年7月

 




医療法人 報徳会   〒320-8521 栃木県宇都宮市陽南四丁目六番三十四号

℡028-658-2121 Fax028-658-2117